2021.04.10

アメリカから信用されていないGASUは遊園地に行く迄ワクチンをもらえない。

アメリカ(売電)から信用されていないGASUは遊園地に行く迄ワクチンをもらえない。

この文章を書いたのは1週間以上前でした。
その通りの事、新しく起きた事、外れた事もあるがそのまま公開することにしました。

アメリカ(売電)から信用されていないGASUは遊園地に行く迄ワクチンをもらえない。
アメリカの製薬会社でファイザー以外の新型コロナ用のワクチンは数種類ある。このうちモデルナとJ&J製をアメリカ自体がやっと認可した。日本での認可はそれより後になるのでいずれも日本ではまだ未承認だ。今のところ輸入・ライセンス生産含め全ての認可されたワクチンの中で西欧諸国側から受け取り使えるワクチンはファイザー社製とアストラゼネカ社製のものだけとなっている。しかしアストラゼネカは全力でイギリスとヨーロッパに供給しており今のところ日本に入ってくる気配はない。
売電は人道家と自称しているくせに実はそうではない。自国民に対する人道家なのだと言えば分かりやすいかな。他国の人に対しても人道家ならワクチンを政治利用などせず一刻も早くコロナ禍を収束するよう認可して輸出するはずだ。ウイグル自治区の人権問題を口にするのは中国に対する牽制目的であって、本心からの人道主義者ではないことがわかる。アメリカも中国・ロシア同様ワクチンを政治利用している。
ここからは仮定と想像だが当たらずといえども遠からず。
もしトランプが大統領でAがまだ首相だったら、もっと早くモデルナやJ&Jの認可がおりて日本にこれらのワクチンが届くかライセンス生産が始まっていたことだろう。もし売電がGASUを信頼していたら、もしくは友人だと思っていたらもっと早くモデルナとJ&Jのワクチンを認可して日本でもライセンス生産は始まっていただろう。
売電はファイザー社製以外のワクチン(モデルナとJ&J)を餌にヨーロッパと日本向けに政治利用しようと考えた。
ワクチンという餌に食いつきGASUがアメリカに呼び出される。
売電はGASUを信用していないから、実際ホワイトハウスランドにGASUが遊びに来て握手する写真が撮られ報道されるまでは何もしない。写真が公開される際、同時にモデルナやJ&Jのワクチンが大量供給できると発表するのだろうと予想します。つまり中国・ロシアに対してはGASUと握手する写真、ヨーロッパ向けにはワクチンの大量供与を発表しワクチン戦争を制し売電が西側諸国の盟主であると宣言するのでしょう。
GASUは官僚から恐れられている暴君ではあるが裸の王様もしくは、内弁慶である3流政治屋だ。
日本製のワクチン開発に金を出そうとしないから呼び出されるのだということに早く気づけ。

終わりに:ご存じの通りJ&Jワクチンは血栓症のトラブルが出て、現在は接種を中断しています。
それが原因かどうかわかりませんが、あまりワクチンの話は出なかったようです。