2021.04.16

第1次ワクチン戦争

売電とGASUが握手し予定通り中国とロシアに対するポーズを作り映像が世界の配信されたが、
売電は第1次ワクチン戦争の勝利宣言をしなかった。
J&Jのワクチンが血栓のため一時停止状態になったので勝利宣言をすることができなかったのだろう。
その点は予想を外してしまいました。
これを第1次ワクチン戦争の区切りとしたら、戦勝国はアメリカ、イギリス、中国、ロシアの4か国。
自国でワクチンを開発製造して国民にうち輸出している国です。
インドはライセンス生産とはいえ自国で作って輸出もしているから中立国。
イギリス以外の西欧諸国と日本をはじめ、上記5か国以外すべての国は敗戦国だ。
現在ワクチンは戦勝国の言いなりで分けてもらっているわけで、
日本は国の元首が呼びつけられれば言いなりで出向かなければならない。
今回売電は売名に成功した。
半年以上前のニュースではワクチンを開発している製薬会社が50くらいあるといっていたが、進捗状況はどうなっているのだろう。これだけ不足が叫ばれている中で治験直前まで来ているのに治験を開始しないのは(最大の理由はお金がかかるからだと思うが)アホとしか言えないよね。
発想・判断力・決心に欠ける人たちが日本を運営しているので被害は直接国民に降りかかってきている。
アメリカに遊びに行っている国会議員はもうこのままアメリカで余生を過ごしてはどうかと提案します。

PS:次のブログにつながるのでこの文章も数日前に書いたのだけど公開します。